戸田神明宮祭典 九戸村戸田地区

瀬月内神楽。
国道沿いさ看板あって、いづどごで見らいるんだべ~ど憧れでらった神楽。
c0299631_0265487.jpg




御輿が御旅所さ入って、祭典はじまるまでは、休憩したり遊んだり、自由だ時間だみてだ。
虎ど狐の元気だごど!!
あちゃこちゃさちょっかい出しまぐり。
c0299631_02952100.jpg


すっ、進まない!!
c0299631_030639.jpg


わー、写真撮られてるー!!
c0299631_030437.jpg


だーれだだーれだ。
c0299631_0305983.jpg


お会いできて光栄です。
(狐剣の烏天狗)
c0299631_0312998.jpg


いやー、うだでぐ楽しそう。
いや、見でらだげでたのしい。
c0299631_0315557.jpg


御旅所で祭典がはじまりました。
祝詞奏上、玉串奉納さ続いで神楽の奉納。
権現舞ど撮鶏舞(とりまい)でした。
c0299631_033977.jpg


あっれー、外でも郷土芸能やってら。
神楽びっちり見でれば郷土芸能見らいねし、郷土芸能みっちり見れば神楽見らいねし…うー!!
大野の鳴雷例大祭もだんだいねー。
c0299631_0355755.jpg


祭典は17時くらいにおわって、その後はてんでに門付け。
もう狐剣が気になって気になって…ほとんどこれさついでまわってまった。
むかしむかし、日本に稲がなかった頃。
神様に頼まれて中国に稲穂ばもらいにでがげだきつねだんだそうです。
烏天狗はその護衛、花嫁はきつねのお嫁さん。
神明宮の行列が無事進むよう、付いで歩ぐんだど。
ドンパン節だの八戸小唄だの踊りもつぐんだばって、間ばもだせるために後からつけだもんで、前は狐も一緒に踊ったそんです。
c0299631_0413945.jpg


家々ではお花渡して、芸能ば招いでら。
お庭えんぶりみてだのー。
c0299631_0431069.jpg


月が光り出しても、あちゃこちゃがら門付けの音きけでら。
まつりば見に来ねば、通るごどなんてねがったであろう道。
まつり見物のたのしみのひとっつ。
c0299631_0452789.jpg


さて、20時がらは神楽宿で神楽のお披露目。
この頃には門付けもおわって、きけでくるのは送り火ついでみあげる花火の音。
時間には人があんまり集まってねがったんだばって、『お囃子はじめれば、聴きつけて集まってくるべ』ってら。
何だがさいいなー。
例年はお還りの日にやるんだばって、今年は会員の都合でお通りの日さなったそんです。
瀬月内神楽は150年前(1873)に江刺家神楽がら伝授。
何演目もあるばって、今現在でぎるのは権現舞、鶏舞、盆舞、注連切舞、盆舞、三宝荒神の5つ。
幸いなことに会員の数が多くて、しばらくは安泰。
(会員の職業は、地元の役場、消防、養鶏が多い)
今後もっとできる演目を増やしたい。
神明宮祭典のほかは1/3午前の瀬月内集落門付け、午後の集落センターでのお披露目。
12月の『九戸の山伏神楽祭典』でも見らいるんでねべが。
権現舞
とび跳ねる動作が多いよんた気がする。
c0299631_0541442.jpg


盆舞
中学生ど高校生。
c0299631_0552450.jpg


注連切舞
全体的に八戸の舞い方ど比べで、緩急の差が強いよんた気も。
c0299631_0592078.jpg


三宝荒神
これも岩手だなー、ど思う演目。
たのしそうにやってらのー。
c0299631_0561020.jpg


鶏舞
最初雄鶏が一人で舞って、最後は雌鶏が一人で舞う…八戸は最後も雄鶏一人でねっけ?
どんだげちゃんと見でないんだがさ!!
c0299631_152213.jpg

1時間半ばりで神楽も終了。
まだ3年後も見に行きてなー!!
お還りは18日、大野さナニャトヤラ見に行ぐ気でらばって、悩む…非常に悩む!!
[PR]
by achakochabayabaya | 2016-08-16 23:44 | まつり 青森県外 | Comments(0)
<< 野田まつり 戸田神明宮祭典 九戸村戸田地区 >>