黄色い足袋

昨日、二戸で行わいだ『二戸・きつね物語』ば見に行ってきました。
(撮影禁止、衣擦れまで聴ける距離で見らいで最高でありました)
狂言もあったんだばって、何と黄色い足袋履いでらー!!
昔々、鹿皮の足袋ば履いでら名残だんだど。
切田の黄色い足袋もそっからきてらんだべが。
(とっくに常識だったらごめんなさいよ)

切田の黄色い足袋
小鉤で留めるんでねぐ、前で紐で結ぶ。
かたちも古いものだんだべね~。
ずーっと頼んでら埼玉の足袋屋が廃業したはんで、型紙ば入手して十和田市内の業者がこさえでらんだそんです。
ほががら『うちでも黄色い足袋にしたーい!!』って相談されるばって、大変だはんでおすすめしないとか。
狂言師も手に入れづらくて困ってらみてだはんで、十和田の産業さなんねがー?
c0299631_8155799.jpg

[PR]
by achakochabayabaya | 2016-12-24 08:21 | 郷土芸能 | Comments(0)
<< 長根イルミナ 田村まさよしさん 青森県・懐か... >>