南部菱刺し 中村禮子の世界

つまご見で、用こ終わって、歩いでらったっきゃ…はっちの前で見だごどある名前目さ入ってきた。
ナイモナイモの時に声ばかげでいただいだ、中村禮子さんの菱刺し展の案内でした。
40年も刺し続げでらんだど~!!
禮子さんの大作はもちろんだばって、娘さんが小学生のときに冬休みの宿題でこさえだ前掛けも必見!!
菱刺しってば色とりどりだ印象あるばって、本来は浅黄さ黒で刺すもんだそんで、そちらもお見逃しなく。
1/29、日曜日まではっち2階でやってら~。
c0299631_172053100.jpg




津軽のこぎんと間違えられやすいけど、菱刺しは『臥牛岳(階上岳)』のように平たい、んだそんです。
なるほど!!
こぎんは岩木山が?

禮子さん、娘さんさ『ほら、8月14日に…』って紹介してけだんだばって、ちょっと考えでがら『ああ!!ニャモニャモの!!』ってら。
やっぱり『ナイモナイモ』でねぐ『ニャモニャモ』だんだの~。
(昭和61年発刊『白銀の民俗(二)』では『ナエモナエモ』)
[PR]
by achakochabayabaya | 2017-01-27 17:38 | Comments(0)
<< 黒森神楽北上巡行 岩手県北上市 つまごの搬入 >>